2017/10/11付 明日、小惑星が地球に最接近!

情報ソース:NASAジェット推進研究所AFPBBニュースカラパイア

「2012 TC4」と呼ばれる小惑星が、明日10月12日に地球のすぐ近くを通過する。
世界標準時12日午前5時42分(日本時間同日午後2時42分)に、南極上空で、地球から4万2,000km程度まで接近するという。
NASAでは2ヶ月ほど前のニュースで6,800kmと報じていたが、最新のニュースでは訂正されている。月までの距離が38万kmなので、かなり近い距離の通過には変わりない。

この小惑星の大きさは15〜30m程度と推定されており、肉眼では見えない。
望遠鏡であれば観察できるかもしれないが、日本では昼間だし、正確な軌道要素がわからないと導入(望遠鏡を対象に向けること)は難しいだろう。かなり南の低い空を通過しそうなので、大気の影響もあり

NASAの関係組織他ではこの機会に、地球に危害を及ぼす可能性のある小惑星などの天体を探知、追跡するシステムのテストを行う。

この2012 TC4は、609日間で太陽を公転しており、2050年と2079年に再び地球に接近する見込みであるという。
2012 TC4の地球最接近軌道予想図
青いのが地球、紫の軌道が静止衛星、緑が2012 TC4、白の軌道が月だ。
地球の重力に引かれて軌道が変わっているのがわかる。
Wikipediaより

2017/10/11付 朝日新聞・UFO伝説をたどって

先日来、朝日新聞夕刊に「UFO伝説をたどって」というコラムが連載されている。
メールアドレスを登録すると、無料で1日一本読めます。
執筆はいつもの皆神さん…ではなく、別の方。
タイトルからわかるとおり、甲府事件、介良事件も取り上げてます。
「真相はこう」とかではなく、かつてこんなことがあった…という感じの内容です。

新着情報

旧サイトから移転作業中です。旧サイトと合わせて利用ください。
    • 当サイト公式iPhoneアプリ第3弾「わたしは宇宙人を見た」ver1.2になって一部の宇宙人がしゃべったりするようになりました。

2017/9/11付 再び太陽フレア発生

情報ソース:ハフィントンポスト、NICT 宇宙天気予報センターのツイート

6日(世界標準時)からの一連の活動に続き、10日15時35分(世界標準時。日本時間11日0時35分)頃、再びX8.2という大規模な太陽フレアが発生した。
噴出したプラズマ状のコロナガスなどは日本時間12日未明にも地球に到達する予定で、前回同様、通信障害などが警戒される。
右端で閃光が見える。
NASAの観測衛星SDOより
約1時間後の写真。コロナガスが噴き出している。
NASAの観測衛星SOHOより
今回は衛星のカメラにノイズがひどい
同SOHOより
前回の大爆発時は観測衛星のカメラにノイズが乗ることがほとんどなかったのだが、今回はかなりひどい。
前回放出された物質が今頃到達したのか、それとも物質や放出され方に違いがあるのだろうか?

前回は地球では大きな障害は見られず(位置測定に数mの誤差が生じた程度)、北海道で非常にうっすらとしたオーロラが見られたが、今回はどうだろうか。
前回よりも多少規模は小さいようだが、カメラのノイズの量を見るとちょっと心配になる。

2017/9/8付 太陽で大規模なフレア発生。地球に影響か!?

情報ソース:ハフィントンポスト毎日新聞国立研究開発法人情報通信研究機構アストロアーツ
参考情報:NHK サイエンスZERO「太陽フレア 生命の脅威か? 母なる恵みか?」(2017年2月26日放送)
6日11時53分のX9.3のフレア発生約20分後の様子
中央右下で閃光が上がっている。
NASAの観測衛星SDOより
NASA(アメリカ航空宇宙局)は、9月6日8時50分(世界標準時。日本時間17時50分)以降、太陽表面で大規模な「太陽フレア」が発生したと発表した。
放出された物質が日本時間の7日午後3時以降に地球に到達するため(追記:予想よりも速く、日本時間午前7時頃にすでに観測された)、GPS衛星や地上の送電網への影響が懸念される。
今回のフレアは通常規模の1000倍以上で、停電のほかに通信障害が起きてもおかしくない規模である。

ただし8日(日本時間)17時現在、通信障害その他の被害は報告されていない。
追記:GPSの計測に数mの誤差が生じたという。
X9.3のフレア発生約2時間半後の様子
観測のために太陽周辺を遮蔽しており、白丸が太陽の大きさ。
大量の物質が噴き出しているのがわかる。
NASAの観測衛星SOHOより

焼けこげた宇宙人、トマトマン

1948年7月7日/メキシコ/ヌエボ・ラレド付近
Nuevo Laredo, Mexico

墜落した宇宙人か!?

トマトマンと称される写真
1980年に公開された写真で、1948年にメキシコ領内のヌエボ・ラレドとサビナス河の中間地点に墜落したUFOから発見された、焼けこげたヒューマノイドの死体とされている。撮影者の証言だと、墜落現場には強い硫黄とオゾンの臭いが立ちこめていたという。

中国のアダムスキー型UFO?

1941〜1942年頃?/中国/河北省か山東省?
China

中国で売られていた謎の写真

群馬県に住むKさんが、父親の古いアルバムを整理していて発見したもの。1941年か1942年頃の中国河北省か山東省ではないかと言われている。
Kさんの父親が、中国で売られていた珍しい写真を日本に持ち帰ってきたそうである。
いわゆるアダムスキー型UFOに見える。
路上右寄りの人がUFOを指差しているように見えるため、UFOに気付いていると言われるが…?