2020年3月30日月曜日

2020/3/24付 ロンブー田村淳がUFOを目撃?

情報ソース:田村淳ツイッター123ロンプク☆淳ツイッター
タレントのロンドンブーツ1号2号の田村淳が、テレビ番組のロケ中に葉巻型UFOを目撃したとツイートして話題になっている。
3月24日の午前1時30分頃、KBCの「月曜ドォーモ ロンプク☆淳」という番組(毎週月曜深夜0:15〜0:45)のロケで訪れた北九州小倉北区で、ロケのスタッフとともに7人で目撃したという。残念ながら写真にも映像にも収められなかった。
その後は興奮とUFOに連行されるんじゃないかという恐怖で、スタッフと朝まで飲み明かしたという。

目撃現場のストリートビュー

ロケのスタッフがいたのに、静止画含めまったく映像が撮られなかったのが書かれていないが、同番組の共演者の中上真亜子というタレントさんのツイートによると、最初に淳が気づき、0.7秒くらいの目撃時間だったようだ。「すごい大きさとスピードだった」という。

3月24日は関東以南で早朝にスターリンク衛星が見られたが、午前5時過ぎなのでこれではない。ステラナビゲータ11で確認したところ1時35分頃にもスターリンク衛星がちょうど通過していたようだが、高度3度にも満たない地平ギリギリだったのでこれでもないだろう。

flightradar24で調べると、1時36分頃に上空を香港発〜シンシナティ行きの航空機が飛んでいたが、飛行高度が31,000フィート(9.45km)あり、はたしてそのように見えたのかどうか?

いずれにしても一瞬だったようなので何かの誤認の方が疑わしい。最近では渋谷スクランブルスクエアのライトアップがUFOに間違われたこともある。
申し訳ないが、同じ九州の番組の発見らくちゃくの例もあるので、番組の話題作りのためのでまかせということも公平に疑わなければならない。
行ったロケの放送日に番組で取り上げるかもしれないが、こちらは放送していない栃木県なので確認はできない。

2020年3月29日日曜日

2020/3/29 本日から羽田空港新ルート正式運用

以前お伝えしたとおり、羽田空港に着陸する航空機が都心上空を通過する新ルートの正式な運用が本日から開始される。
先月来行われた試験時の見慣れない光に、SNSでは「UFOではないか!?」という報告が相次いだ。
UFO事件簿/埼玉で発光体目撃が相次ぐ

風向きによっても変更されるので必ずしも同じルートを通るわけではないが、1時間に30回以上続々と航空機が現れることになるため、慣れないうちはかなり驚かされることが予想される。当然昼間よりも夜間の方が目立つことになる。
SNSでの報告を見守っていきたい。

2020年3月27日金曜日

2020/3/3付 SETI@home一旦終了

情報ソース:SETI@home hibernationCNETWIREDengadget日本版
世界中の個人のパソコンを分散コンピューティングという技術で結び、地球外知的生命体の観測データを分析するSETI@home(セチ・アットホーム)が終了するという。

バークレーSETIリサーチセンターは3日、SETI@homeへの新たなデータの配信を3月末に停止すると発表した。
公式サイトの発表は以下のとおり。(翻訳ツールDeepLによる翻訳)
3月31日、SETI@homeのボランティアコンピューティング部門は仕事の配信を停止し、冬眠状態に入ります。
これには2つの理由があります。
1) 科学的には、基本的に必要なデータはすべて解析済みであり、リターンが減少している段階にある。
2) データの分散処理を管理するのは大変な作業です。すでにある結果をバックエンドで解析して、それを科学雑誌の論文にまとめることに集中しなければなりません。
しかし、SETI@homeがなくなるわけではありません。ウェブサイトと掲示板は継続して運営されます。カリフォルニア大学バークレー校の他の天文学者たちが、SETI@homeの膨大な計算能力をSETIや宇宙論やパルサー研究などの関連分野に利用することを期待しています。そうなれば、SETI@homeは再び作品の配布を開始することになるでしょう。この件についてはまたお知らせします。
もしあなたのコンピュータでSETI@homeを実行しているのであれば、他のBOINCベースのプロジェクトにもアタッチすることをお勧めします。あるいは、サイエンス・ユナイテッドを使って、天文学をするためにサインアップするのもいいでしょう。もちろん、SETI@homeにアタッチしたままでも構いませんが、新しい応募者が見つかるまでは、仕事を得ることはできません。
この20年間、様々な形で私たちを支えてくれたボランティアの皆さんには、大変感謝しています。皆さんがいなければSETI@homeは存在しません。私たちは、独自の科学プロジェクトを完成させることに興奮しており、次の展開を楽しみにしています。
また同様の、ブレイクスルー・リッスンという一般参加型のプロジェクトも存在するという。
またこのBOINCという分散コンピューティングアプリはSETI専用ではないので、巷を賑わせている新型コロナウイルスCOVID-19の治療法開発にも使われるという。

筆者の今現在までの功績
——あとわずかな期間だが、うちのパソコンに頑張ってもらう。

2020年3月24日火曜日

2020/3/24 日本各地でスターリンクトレイン目撃される

早朝撮影したスターリンクトレイン
南西の空から上ってきている。
筆写撮影(明るさ調整済み)
3月24日の早朝5時少し過ぎ、1.7等級程度のスターリンク衛星群(スターリンクトレイン)が日本の各地で目撃され、SNSでは「UFOではないか?」という声が多数上がった。
筆者もようやく数枚撮影することができたが、かなり暗く肉眼では全然分からなかった。東京以西では薄明の空にはっきり見えたようだ。


今回の衛星群は18日にフロリダのケネディ宇宙センターから打ち上げられたもの。
これから徐々にばらけて暗くなるのは今までのとおり。
次の打ち上げは4月に予定されている。

高知でもUFO騒ぎ

情報ソース:高知新聞
高知県でも24日の同時刻にスターリンク衛星と見られる目撃があり、市民達から高知新聞社と高知地方気象台に計6件の報告があった。
目撃者によると「突然空から出てきた光がずらずら移動して、夢うつつかと思った」「UFOが一列になって地球に来たと思い、君が悪く動けなかった」という。
高知新聞の記事では高知みらい科学館の学芸員に問合せ、スターリンク衛星らしいことを明らかにしている。

2020年2月28日金曜日

2020/2/27付 地球に第2の月ができた!?

情報ソース:朝日新聞DIGITAL

付近の小惑星が地球の重力に捕らえられ、3年ほど前から地球を周回する衛星になっていることがわかった。
これはアメリカのアリゾナ大学カタリナ・スカイ・サーベイが2月15日に発見し、国際天文学連合(IAU)が25日に発表したもの。名前は「2020 CD3」と付けられた。
小惑星と言っても直径2〜3mの極めて小さいもので、軌道も非常に不安定なために数ヶ月後には地球の重力から脱し、飛び去ってしまうとみられるという。

地球の衛星になった小惑星は2006年の「2006 RH120」に次いで観測史上2例目。

2020年2月24日月曜日

2020/2/26放送の「世界の何だコレ!?ミステリー」に岡本氏出演

情報ソース:世界の何だコレ!?ミステリー
フジテレビの番組ページより
一昨年以降、福岡のテレビ番組「発見らくちゃく」において、明らかな飛行機や星を「擬態したUFO」などと偽っていた自称霊能者の岡本雅之氏が、今度はフジテレビの「世界の何だコレ!?ミステリー」(毎週水曜夜7時〜/MC 蛍原徹、きゃりーぱみゅぱみゅ)に出演する。当人のFacebookによれば、収録は2月14日だったという。

UFOがあまり出てくれなかったというのだが、「実は道を迷ってロケ現場に来られなかった招待者の所に出ていた。UFOは優しい!」という言い訳を事前にFacebookに書いていた。
そもそもの発端である発見らくちゃくも、懲りずに「‪UFO‬を見た、映像がある、‪UFO‬を呼べるなどの情報を募集」している。

放送される内容に間違いや嘘があれば、チェックできる範囲で今後も継続して指摘していきたい。

参考リンク

視聴後の追記

定期的に点滅するこの光が呼んだ‪UFO‬だというが…?
フジテレビ「世界の何だコレ!?ミステリー」より
今回は視聴者投稿と過去映像のダイジェストで、岡本氏もこれに応募してきたという体であるようだ。
久留米のいつもの場所でいつもの呪文を唱える。(番組では「キスカン」じゃないかと聞き取っていたが、本人曰くそうではなく、教えられないという)
ズームしたカメラでも小さく映るほどの遠くに、飛行機だという光体と一緒に映った点滅する白い光。「飛行機じゃないんですか?」というロケスタッフに、岡本氏はこれを「不規則な発光なので‪UFO‬、未確認飛行物体だ」と断言する。
スタジオのムーの三上編集長が「最近はベントラじゃなくてキスカンなんだ」とコメントして、5分ほどで終了。
かなり小さいし、カメラがぶれて見づらかったものの、そんな怪しい光じゃない。相変わらず飛行機をUFOだと言い張ってるだけ。以前も書いたけど、航空機の近くに未確認機なんて飛んでると安全上大ごとなんですよ。
前日から「‪UFO‬に予約した」というわりには、ギャラリーに教えてもらって気づいてる始末。予約の際に厳密な出現時刻と方角、形状とかを教えてもらうといい。あと、福岡空港の離発着予定を調べるとかね(笑)

次の出演ありますかね?

——岡本氏、Facebookに「これまで自分は奇跡を起こしてケガや病気の治癒をしてきた」などと書いている。そういうこと本当にやめないとシャレで済まなくなりますよ?

    2020年2月5日水曜日

    2020/2/3付 埼玉で発光体目撃が相次ぐ

    情報ソース:ツイッター、東京新聞 TOKYO WebAviation Wire

    2月2日、埼玉県ふじみ野市、川越市などから複数の光体が目撃され、撮影したという報告がツイッターで相次いだ。
    どうやらこれは同日から「実機飛行確認」が開始された、新ルートで羽田空港に向かう飛行機と思われる。今回の飛行確認は1月30日〜3月11日の7日間程度で、運用手順の確認と騒音測定が実施される。正式運用は3月29日から。
    2日は午後4時20分頃から6時頃まで、飛行機が次々に通過した。
    風向きによってルートが変わり、南風の場合は新宿や渋谷などの都心上空を飛行するルートとなり、それぞれ1時間あたりA滑走路が14回程度、C滑走路が30回程度の到着を想定している。

    飛行機は両翼に赤、青のライトをつけているが、前照灯(着陸灯)がついている場合、正面からは見づらくなる。前照灯は非常に明るく、自分の方を向いていれば100km近く離れていても確認できる場合がある。
    2月2日午後5時頃の首都圏の航空機
    これよりもさらに埼玉県上空を通るルートもある。
    Flightradar24より

    ——風向きによってルートが変わるので、「時々多くの光体が目撃されるが、毎日じゃないから飛行機じゃなくてUFOに違いない!」という証言が一時的にも増えそうな感じだ。