2018年2月10日土曜日

2018/2/6付 MUFONより・夜空の怪光

情報ソース:情報ソース:MUFON投稿事件(Case Numberに90079を入力して事件検索

MUFONより
2月6日午後6時26分(現地時間)、カリフォルニアのBrentwoodで撮影された写真。
目撃者は4人おり、空は完全に晴れていて、奇妙な光は霧に包まれているようだった。だんだん明るくなっていき、飛行機のようにゆっくりと動く火球のようだった。
写真には、肉眼では見えなかったオレンジ色の球体も写っている。

——まず、中央右側のオレンジ色の球体はおそらく中央左側の街灯のゴーストと思われる。

打ち上げられたロケットに似ているが、今のところ知りうる限り、当日の打ち上げはフロリダのケネディ宇宙センターから現地時刻午後3時45分に打ち上げられたファルコンヘビーロケットのみだ。
カリフォルニアはフロリダとの時差は-3時間なので、フロリダで午後3時45分ならカリフォルニアでは午後0時45分だったはずだ。目撃された午後6時26分とは大きな開きがある。
打ち上げに用いられたロケット3機の内、2機は垂直着陸で帰還しており、もう1機も垂直着陸は失敗したようだが、少なくとも宇宙を周回していることはなさそうだ。
まさか火星に向かう軌道に放たれたテスラ・ロードスターではないと思うが。

軍事目的で公開されていないロケットの打ち上げや、かなり高空を飛んで太陽光を反射した航空機というのも考えられないわけでもないが、情報がないので推測でしかない。

0 件のコメント:

コメントを投稿