ワシントンD.C.事件

1952年7月19日〜20日、26日〜27日/アメリカ/ワシントンD.C.
WashingtonD.C., USA

概要

この事件時に撮られたと紹介されてきた写真
ワシントンD.C.上空にUFOの大群!?
アメリカの首都を襲った未曾有のパニック

詳細

未確認飛行物体来襲!

7月19日夜11時40分、アメリカの首都ワシントン上空の飛行制限区域内を飛び交う8つの飛行物体を空港、そして軍のレーダーがキャッチした。付近を飛んでいた旅客機などからも、怪しい飛行物体が奇妙な光が同じような動きを見せたことを報告している。アンドルーズ空軍基地では、同事件を追跡していたレーダー操作員が、基地上空に浮かぶ燃えるようなオレンジ色の巨大な球体を目撃した。

ニュージャージー上空で別のUFOを調査していた迎撃機は、翌日の午前3時30分に遅れて到着したが、すでにレーダー上から姿を消していた。迎撃機がいなくなるとUFOはまた姿を現した。
朝になり、市民の通報などからマスコミも騒ぎだしたが、軍は気温逆転層によるレーダー電波の乱反射が原因の可能性があると説明した。

一週間後の7月26日、午後9時半に再び謎の6〜12もの飛行物体がレーダーにキャッチされた。トルーマン大統領は、物理学者のアインシュタインに電話で相談。アインシュタインは「UFOがもしも異星人の乗り物であった場合、むやみにこちらから攻撃してはいけない」と忠告した。
午前2時に 再度迎撃機が調査に出たが、やはり飛行物体をとらえることはできなかった。飛行物体はそのうちにレーダーからも姿を消したが、10分後、迎撃機が帰投を始めるとまた姿を現した。
午前3時20分頃に新手の迎撃機編隊が到着したときは、UFOはそのままで、パイロットの一人ウィリアム・パタースン中尉は「目もくらむような青白い光の輪に取り囲まれた」と報告した。結局、射撃許可が下りる前にUFOは飛び去った。

現場周辺地図


より大きな地図で UFO事件マップ を表示

考察

民間航空管理局の技術開発評価センターによる調査で、レーダー反射の原因は気温の逆転層が原因であると結論づけられた。
また、レーダー・エコーが常に風と同じ方向に移動していたことも判明。レーダーアンテナが一回転する間に逆転層の渦が消えた場合、UFOが超高速で移動したように見えるのだ。
ある旅客機パイロットによれば、ワシントン周辺にはたくさんの灯りがあるので、一方を見てそこに“謎めいた”光を見つけることはたやすいことだと語っている。
しかし大勢の人間による目視を含む確認、特にパタースン中尉の証言がそれによって説明ができるのかどうかは疑問が残る。

この写真はこの事件時に撮影されたと紹介されるが、改修工事の痕があることから、実際はもっと後の写真だという。
上空の光も、多くの本などでトリミングで隠れているバルコニーの灯りが、レンズ内で反射したゴーストであることがわかる。

参考資料

0 件のコメント:

コメントを投稿