パスカグーラ事件

1973年10月11日/アメリカ/ミシシッピー州パスカグーラ
Pascagoula, MS, USA

概要

二人を誘拐した宇宙人(数は3体)
夜釣り中の二人がアブダクションされる。

詳細

埠頭での誘拐

造船所で働く主任のチャールズ・E・ヒクソン(45)とカルヴィン・R・パーカー(18)が、パスカグーラ川の造船所の埠頭で夜釣りをしていた。
午後9時頃、ヒュー(別な資料によれば「バシッ」)っという音を聞いた二人は、夜空に卵をのばしたようなUFOを目撃した。
UFOは青みがかった色をしていて、近くまで接近してきて30mほど先の岸の上60cmほどに浮かんだまま停止した。
UFOにはドアもないようなのに(資料によってはハッチが開いたとある)、中から3人の宇宙人が外から出てきて、スーッと近づいてきた。

宇宙人の姿は以下のようであった。
  • 身長1.5mほど
  • 首のない弾丸型の頭
  • 灰色っぽいしわだらけの皮膚
  • カニのハサミのような指
  • 爪先のない丸い足
  • 耳と鼻の位置からはニンジンのような細くとがった突起が出ている
  • 目・鼻・口・耳の位置には裂け目のようなものがある
(目がなかったとする資料もある)
チャールズ・ヒクソン主任(左)とカルヴィン・パーカー
二人は叫ぼうとしても声も出ないし、体も動かなかった。
パーカー青年は宇宙人の一人にさわられたため、恐怖で気絶してしまった。
ヒクソンも他の二人によって、気絶したままのパーカーとともにUFOに連れ込まれた。

UFOの中へ

UFOの内部は照明が見当たらないのにとても明るかった。
そのうちに大きな目玉のようなものが現れると、ヒクソンの体をあちこち調べるように動き回った。
約20分後に二人は川岸に戻され、UFOは1秒もしないうちに姿を消してしまった。

保安官らによる聴取

UFOのイラストを手にした後年のヒクソン
二人は最寄りの新聞社にかけ込んだが、記者達が帰ってしまった後だったため、午後11時頃に保安官事務所に届け出た。
二人の証言を疑ったフレッド・ダイアモンド保安官は、証言をテープに録音しながら事情聴取した。
保安官が席を外してヒクソン達二人だけになっていた間もテープは回り続けていたが、後で録音を聞いた保安官によれば、二人とも恐怖体験を話し続け、特にパーカー青年は泣き叫んだりして演技とは思えなかったという。

翌日、ビロクシーのキースラー空軍基地で健康診断を受けたが、放射線被曝をはじめとした身体的異常は発見されなかった。
ヒクソンは朝鮮戦争に復員兵で、かなりの修羅場をくぐってきたが、この体験が最も恐ろしかったという。
パーカーは心理的に参っていたために入院することとなった。

事件は新聞に取り上げられて大反響を呼び、空軍のUFO調査機関の科学顧問である天文学者アレン・ハイネック博士も調査に乗り出した。

10月30日に、ヒクソンはニューオリンズで嘘発見機のテストを受けてパスしたが、UFOの大きさや出現時間、宇宙人の特徴などについての証言が聴取のたびに変わるようになってしまった。
事件1ヶ月後、ヒクソンはUFOのライトで目を痛めたと訴えたが、異常は認められなかった。

その後、パーカー青年は造船所をやめてパスカグーラを離れ、ヒクソンは事件について多くを語らなくなった。

なお、この事件の一週間後、隣のアラバマ州でフォークビル事件が起こることとなる。

事件の10年後にあたる1983年に、ヒクソンは「パスカグーラのUFO遭遇事件」(UFO Contact at Pascagoula)という本をウィリアム・メンデス(William Mendez)と共著で出版した。

現場周辺地図


より大きな地図で UFO事件マップ を表示
GoogleMap上でも「Pascagoula Abduction」として現場にマーカーが付けてあった。(この埋め込み地図では表示されないようだが)

フィリップ・J・クラスらによる事件の評価

UFO否定派のフィリップ・J・クラスが調べたところによれば、

  • ニューオリンズでヒクソンを嘘発見機で調べた係員は経験不足で、資格も持っていなかった。
  • アブダクションが起きた埠頭の近くを走る90号線のドライバー達や橋の係員も、異常な物体は目撃していなかった。
  • ヒクソンは7月6日に破産を申し立てていて経済的に苦しんでおり、パーカーとともに、地元のエージェントに100万ドルで自分たちの体験談を売る契約を結んでいた。

という。

UFO研究団体APROはこの体験を支持し、空軍のUFO研究の顧問を務めた天文学者のJ・アレン・ハイネック博士は「二人が恐ろしい体験をしたことは間違いない」とだけ述べた。

28年目の新証言?!

事件から28年たった2001年になり、事件当夜に奇妙な飛行物体を見たという証言者が現れた。
引退した海軍の曹長マイク・カタルド(Mike Cataldo)は、仲間のテッド・ペラルタ(Ted Peralta)、マック・ハンナ(Mack Hanna)とともに、パスカグーラからオーシャン・スプリングへ国道90号線を旅していた。
その時、小さな光を放つ大きなタンバリンのような物体を目撃したと言うのだ。それは高速道路状を渡り、並木の上に滞空したという。
カタルドの証言が必ずしもヒクソンとパーカーの証言を証明するものではないが、少なくとも軍人によって奇妙な飛行物体が目撃されていたというのである。
——なぜ28年もたって証言する気になったのかは、資料の中で明かされていない。きちんと調べないうちは信憑性も未知数である。

参考資料


0 件のコメント:

コメントを投稿