バレンティッチ機消失事件

1978年10月21日/オーストラリア/オトウェイ岬
Cape Otway, Australia

概要

フレデリック・バレンティッチ
UFO目撃を無線連絡直後にセスナ機が行方不明になり、その後も機体は見つかっていない。
管制塔との生々しいやりとりが恐怖を誘う。

詳細

奇妙な無線のやり取りを残して消えたパイロット

セスナ機で夜間訓練飛行中のフレデリック・ポール・バレンティッチ(Frederick Valentich/20)は、モラビン空港を飛び立ち、オトウェイ岬へと向かった。この日が彼にとって初めての単独夜間飛行だった。
オトウェイ岬を通過して間もない午後7時6分14秒、バレンティッチはメルボルン管制塔に付近に他の航空機はないか尋ねてきた。
しかし管制塔からの回答は「飛行予定はない」だった。
バレンティッチからの通信によると、自機の上方に大型の航空機がいて、着陸灯のような4つの光が見え、自機を追い越したり戻ってきたりしているというのだ。
バレンティッチ機と同型の182L型機

バレンティッチ氏とメルボルンの管制塔との通信内容

デルタ・シエラ・ジュリエットというのは、聞き取りにくい無線通信でアルファベットを伝えるためのフォネティックコードというもので、アルファベットの頭文字一つ一つに対応するコードがある。
日本で例えば「ヤマダ」を「山のヤ、鞠のマ、大統領のダ」などと伝えるようなものだ。
この場合DSJという、おそらくは自分の機体の識別コードを伝えているわけである。


通信記録の原文




実際の管制塔との通信音声(と思われる)の一部

発見されなかった機体

カチカチ、ガリガリという不気味な金属音を最後に通信が途絶えた。時刻は7時12分48秒。キング島は目前であった。
ただちにオーストラリア軍が出動し、空と海から大がかりな捜索がおこなわれたが、セスナ機の残骸も、パイロットの遺体も何一つ見つけることができないまま、4日間に渡る捜索が打ち切られた。

当初、この事件は単なる飛行機事故として報道されたが、管制塔との通信記録にUFOらしき物体が関与していることがわかると、国内外に大きな反響を巻き起こした。
UFO研究家の間ではこの事件は原因不明事件として、UFOによる誘拐説などが疑われている。

当時多発していたUFO目撃

謎の物体を撮影したロイ・マニフォールド氏
この事件が起こる6週間前より、オーストラリアでUFOの目撃が頻発しており、この日はちょうどピークだった。

この日、鉛管工のロイ・マニフォールド(Roy Manifold)がバス海峡のクレイフィッシュ湾に沈む夕日の写真を撮影した6枚の中の2枚に、何かが海から昇ってくるところと、奇妙な物体が写っていた。
同じ日、同じ地域で撮影された謎の物体
いちばん下の物体は太陽の光を後ろから浴び、フィルムに傷は見られなかった。
当サイトでは後日カラーの連続写真を入手したが、海から昇ってくるとされるものは、左側の白い光点のことだろうか?
もっときれいな写真を調べないとはっきりしたことは言えないが、連続写真の位置的に昇るのでなく降りているようだし、夕陽を写したことによるレンズゴーストにも見える。
最後の黒い物体も、撮影時には気付いていなかったようなので、単なる虫か、フィルムに付着していたゴミか何かが写り込んでしまっただけかもしれない。
早計に事件と関連づけるのでなく、慎重に調べる必要がある。

近年放送されたと思われるテレビ番組をYouTubeで見たところ、当時飛行機を追いかける光体を見たという目撃者がいたらしい。筆者は寡聞にして初耳であり、英語の番組なので詳細もわからない。今後の調査とさせていただきたい。

バレンティッチ機の飛行ルート


より大きな地図で UFO事件マップ を表示

検証

オーストラリア政府は、「セスナ機が誤って上下反転して飛んでいたため、海面に映った町の灯りを飛行物体と見誤り、海中に墜落した」と発表した。
しかしこのセスナ機は構造上50秒以上反転して飛ぶことはできないし、機体の破片一つ発見されていないのは不可解である。最後の17秒間の金属音も謎だ。
バレンティッチ氏は弱冠20歳ながらも、200時間近い飛行経験を持っていたパイロットであった。
その日のうちに本土に戻ると言っていたが、提出された飛行計画は片道分だけだったため、意図的な偽装か自殺と考える者もいるが、真相は明らかではない。

考察

バレンティッチがふざけて管制塔をからかっているうちに、本当に事故を起こしてしまったという説を見たが、パイロットの命綱とも言える管制塔に対し、そんなことをするだろうか?
だいいち、言葉でからかうだけなら事故にもならない。まさか管制塔をからかいながらアクロバット飛行をしていたわけでもあるまい。

実際の通信記録のテープを聞かないとわからないが、最後の金属音というのはどんな音だったんだろう。
金属音をマイクが拾ったものか、ノイズがそう聞こえたものなのか。

参考資料

0 件のコメント:

コメントを投稿