セルジー・ポントワーズ事件

1979年11月26日/フランス/セルジー・ポントワーズ
Cergy Pontoise, France

概要

イメージイラスト
青年が光体とともに消失し、1週間後に帰還!?
トラヴィス・ウォルトン事件に酷似した事件。

詳細

光の中に消えたフォンテーヌ青年

早朝3時半、ノミの市で生計を立てている青年三人が、パリ郊外の町セルジー・ポントワーズにあるアパートから、商品のジーンズを車に積み込んでいた。ここはリーダー格のジャン・ピエール・プレボ(26)のアパートで、場所取りのために前日から泊まり込んでいた。
ポンコツの自動車なので一度かかったエンジンを止めないため、最年少のフランク・フォンテーヌ(18)を車に残し、プレボとサロモン・ヌディエ(25)が荷物を運んでいた。

二人が荷物を取りにいっている間、車内のフォンテーヌは空に光るものを見つけた。戻ってきた二人もそれに気付いた。シリンダーのような形に見えたものは、急速に大きくなってきた。
現場検証をする警察
奥のアパートにプレボとヌディエの部屋がある。ヌディエがそれを撮影しようと、カメラを持って来るべくアパートの方に駆け出した。プレボも気にはなったが、最後の荷物を取りにアパートに戻っていった。
フォンテーヌは別の方向から物体を見ようと思い、車で道路に移動した。
光る物体の音が聞こえてきて、プレボとヌディエがアパートの窓から外を見ると、道路に停まっているフォンテーヌの車を大きな光の玉が包み込むように見えた。
あいにくフィルムがなくてヌディエは写真が撮れなかった。プレボはそれをUFOと考えず、慌てるヌディエに少々いらつきながら再び外へ出た。
被験者フランク・フォンテーヌ
UFOらしき物体は見えなかったが、かわりにフォンテーヌの乗っている車の後部が光る霧の球体ですっぽり包まれ、小さな光の玉がいくつもその周りを回っていた。
二人がそれを呆然と見つめるうち、小さな光の玉が大きな光の玉に吸収され、ビーム状の強烈な光が出現し、次第に太くなってシリンダー状になり、大きな光の玉がその中に入っていき、あっと言う間に空に飛び去って姿を消してしまった。
二人が車に駆けつけたが、フォンテーヌの姿はどこにもなかった。
グループのリーダ格のプレボ
二人はただちに警察に通報したが、フランスではUFOに関しては軍の取り扱いになるという指示を受け、改めて憲兵隊に連絡した。
憲兵隊の事情聴取に応じる二人は合間を縫って新聞社にも通報をしたため、事件は全世界に衝撃を与えることとなる。
後日、新聞社のインタビューに対しクールクー憲兵隊長は「二人の証言に疑いを差し挟む根拠は今のところない。何かが起こったことは確かだが、それが何かは何も言うことができない」と語った。
仲間のヌディエ
警察の捜査にも関わらず、フォンテーヌの行方はつかめなかった。近隣の空港や空軍基地のレーダーでも、事件前後に怪しい物体はとらえられていない。
現場近くの変電所でも何も異常はなく、残された車に対してのガイガーカウンターによる放射能検査でも何も反応はなかった。

事件を信じる者、兵役逃れのための狂言説、フォンテーヌは死んでいるんじゃないか? という犯罪説など、様々な憶測が囁かれた。
三人は定職を持たず、無免許で車を運転し、プレボはアナーキスト(無政府主義者)を自称していたので、世間の評判は芳しくなかったが、事件後すぐに警察に届けたという事実をもって、彼らの証言を信じるという意見の方が多かったようである。

フォンテーヌ生還す

事件一週間後の12月3日の早朝、失踪した付近のキャベツ畑の中で横たわっているところを目覚めたと言う。自分が30分ばかり寝込んだと思っていたフォンテーヌは、車がないのを盗まれたと思い、プレボの部屋のドアを叩いた。しかし返事がなかったため(外出していた)、同じアパートのヌディエの部屋のドアを叩いた。驚くヌディエから事件のことを聞かされて不思議がるフォンテーヌであった。

警察、憲兵隊、マスコミに対しても、フォンテーヌはほとんど何も語る材料を持っていなかった。自分はキャベツ畑で目覚めた記憶しかないのだ。
またなぜかはわからないが、催眠術を使っての事情聴取も断固拒否した。
しかし奇妙な夢を見ることで少しずつ思い出したという記憶によれば、壁の下の方が機械で埋め尽くされた白い大きな部屋、壁の上の方が不透明なガラスになっており、時折そこに奇妙な文字が浮かんだ。
四方の壁が同時に明滅し、彼はその部屋の中で寝イスのような物に横たわっていた。
二つの小さな球体をした宇宙人が、地球の問題点を指摘し、その解決方法を与えたという。

次々と出版される関連本

SF作家ジミー・ギーユ
UFO研究団体の創設者でもある。
三人は事件に興味を持つ団体、人々から追いかけ回される羽目となったが、UFO研究団体、世界最新科学協会(IMSA)の共同創設者兼スポークスマンにしてSF作家でもあるジミー・ギーユの手によって、南フランスにかくまわれた。
「フォンテーヌがUFOに誘拐されていたことは疑いの余地がない」ギーユは語った。
ギーユは、事件から4ヶ月後には「セルジー・ポントワーズUFOコンタクト」という本を出版し、ベストセラーになる。
しかしフォンテーヌ自身の証言がほとんど載っていない期待はずれの内容だった。
フォンテーヌが夢を見たことで思い出したというUFOの内部
明滅するガラスの壁に、時折不思議な記号が浮かぶ。丸い小さな玉が宇宙人なのだという。
プレボも、催眠術による検査を拒否したフォンテーヌに代わって自分が催眠術検査を受け、フォンテーヌを誘拐した宇宙人がプレボを通して語ったとされることを「セルジー・ポントワーズ事件の真実」という本に記した。
宇宙人は自分を「宇宙の彼方から来た知的生物であり、名前をオリオである」と語り、本当はプレボに関心を持っており、フォンテーヌはそのための手段に使われたのだという。さらにはプレボを通じて、地球に間近に迫った破局から守る手伝いをしたいのだという。
本の内容はそのような宇宙人による哲学、宗教的教えに関する記述ばかりで、フォンテーヌの誘拐事件に関しては一言も触れられていなかった。
プレボが会ったという宇宙人オリオ
女性のようで、左のようにいかにも宇宙人といった姿の時もあれば、右のように髪と服をまとって現れたこともあった。
また、フォンテーヌ帰還間もない頃、プレボが謎のセールスマンに連れられてスイス国境にあるブール・デ・シロという村に行き、若い男の一団とともにオリオと初めて対面し、トンネルの中のUFO基地を見たことなども書かれていた。

フォンテーヌが「翌年8月15日に再び宇宙人と会う約束をした」と言っていたため、当日にはUFOを見ようという人々が現場に集まってきた。人々は北側の空き地で手をつないで輪になり、UFOを迎える準備をしたが、結局何も起こらなかった。

数々の矛盾点

フランスの著名なUFO研究団体「コントロール」によって、事件に関しての矛盾点が洗い出されている。
プレボは事件まではUFOに興味がなかったと言っていたが、兄がアメリカのUFO研究団体APROのフランス代表であることがわかっている。
プレボはこの事件とそっくりなアブダクション事件(トラヴィス・ウォルトン事件だろうか?)について連載している雑誌を読んだことがないと言っていたが、それがプレボの部屋にあったことが確認されている。
事件の時、プレボの部屋にいたのは三人ではなく、プレボのガールフレンドのコリーヌ、そしてファブリス・ジョリーという男を含めた五人であった。ジョリーは唯一免許証を持っており、警察に行く時の運転手になる約束だったようである。
その他にも三人の話す証言内容がバラバラであり、とても信用にたるものではなかった。

またフォンテーヌが失踪中、彼の叔母にインタビューしたところ、腹立たしげに「甥は友人のところにいる」と語ったという。彼女の思い込みだった可能性もあるが、そうでなければ重要な証言である。

現場周辺地図


より大きな地図で UFO事件マップ を表示

考察

トラヴィス・ウォルトン事件に非常によく似た事件だ。こちらの事件も被験者達の証言はとうてい信用できそうにない。世間を騒がせる愉快犯か、本を売る金儲けのためかわからないが、でっち上げの狂言であることはまず間違いないであろう。
警察の捜査能力も問われるところである。フォンテーヌが帰ってきて事件性がないから一件落着とするのでなく、狂言誘拐事件としてきちんと捜査をしても良かったんじゃないだろうか。

もし事件が嘘じゃないとしたら、宇宙人達はわざわざ世間の評判の芳しくない人物を選んで、地球を救わせようとしているのだろうか。

参考資料


  • 学研・世界UFO大百科復刻版(ムー特別編集)
  • 教育社・超常現象の謎に挑む(監修コリン・ウィルソン)

0 件のコメント:

コメントを投稿