リンダ・ナポリターノ事件

1989年11月30日/アメリカ/ニューヨーク州マンハッタン島ロワーイーストサイド
Lower East Side, Manhattan Island, NewYork, USA

概要

アブダクションされたというリンダ・ナポリターノ女史
ニューヨークに住む女性がUFOにさらわれ、その様子がなんと国連事務総長によって目撃されていたとされる事件。

詳細

UFOの中で検査を受ける

二十代の頃に宇宙人によってアブダクション(拉致/誘拐)されたかもしれないという疑いを抱いていたニューヨーク市民リンダ・ナポリターノ(Linda Napolitano/別名リンダ・コーティルもしくはコータイル Linda Cortile/45歳)は1989年の4月から、UFO研究家のバド・ホプキンズによる逆行催眠を受けるようになった。そして11月末に再びアブダクションらしきことが起きた。

11月30日午前3時、床に就いたリンダは足の方から感覚が麻痺してくる感じがした。以前の経験からこれはアブダクションの前兆だと察して、すでに寝ていた夫を起こそうとしたが、どうしてもできなかった。
室内に灰色の生命体が現れたので枕を投げつけたが、全身が麻痺し意識が遠のいてしまった。かすかに誰かが背骨をさわったことだけ覚えていた。
アブダクションされたアパート
右手前のビルの新聞の配送口で働いていた従業員達は何も気付かなかった。
気がつくとリンダは元のベッドに放り出されていた。乱暴に落ちたのに目を覚まさない夫に、もしや宇宙人に殺されたのではないかと思ったが、夫も二人の息子も無事だった。
この件で逆行催眠を受けたところの証言によれば、部屋に入ってきた3〜4人の宇宙人にアパートの12階から連れ出され、青い光の中に入って建物の上空に滞空していたUFOに収容されると、医学的な検査をされたという。

二人の警官と国連事務総長

それから15ヶ月後の1991年2月、ホプキンズは、リチャードとダンという警察官を名乗る二人の男から、自分達はリンダのアブダクションを目撃していたという手紙を受け取った。
それによると、リンダのアパート近くのFDRドライブ(マンハッタンの高速道路)の下に車を停めていた二人は、彼女が天使のように宙を浮いて、建物の長さの四分の三くらいの大きさのUFOに吸い込まれて行ったという。
UFOはそのまま高度を上げ、FDRドライブ上空を飛び越え、ブルックリン橋付近のイースト・リバーに飛び込んだ。
二人は心配になって事件のあったブロックまで行って45分も待っていたが、UFOは川から出てこなかった。

ホプキンズが二人が訪ねて行くかもしれないとリンダに伝えておいたところ、数週間後に二人がやって来て、彼女の無事を確認して帰って行ったという。
彼らは公表されることを恐れ、ホプキンズと直接話すことは断ったが、連絡を取ることには同意した。
その後二人からホプキンズに対し、新たな手紙と、片方の男が事件について語ったテープが届けられた。それによれば、ホプキンズに会えない理由は、彼らがシークレット・サービスだからだということだった。

事件当時、彼らは国連のペレス・デクエヤル事務総長をヘリポートに送って行く途中だったが、リムジンが故障したため、車を押してリンダのアパートの数ブロック近くまで来て、事件を目撃したというのだ。
事件の一部始終をデクエヤル事務総長も目撃しており、宇宙人達がわざと地位のある人間の前でそうしたパフォーマンスを行ったのだと推測した。リムジンの故障も宇宙人の仕業だというのだ。

リチャードとダンによるリンダの誘拐

リンダは1991年4月のある日の午後、散歩途中に、リチャードとダンに車に押し込まれ、奇妙な質問を浴びせられた。彼女は靴を脱いで爪先を見せるよう求められた。宇宙人には爪先がないからだという。
彼女は別の車が尾行していたことにも気付いており、ホプキンズによれば、その2台の車は国連のイギリス代表部とベネズエラ代表部の所属であることを突き止めたという。

リンダは同じ年の10月15日に、今度はダン一人に誘拐され、赤のジャガーに押し込められると、ロングアイランドのビーチハウスに連れ込まれた。
そこで裸にされると、アブダクション体験中に着ていたのとそっくりの白いナイトガウンを着せられた。
リンダはこの体験の一部をテープに録音した。
途中、突然リチャードが現れ、ダンに鎮静剤を飲ませてこの件はおしまいになった。後にダンから手紙が送られて来たが、精神病院から出されたもので、正常な精神状態で書かれた文面ではなかった。

新たなる目撃者

ジャネット・キンブルが目撃していたという橋の上から、リンダのアパートを望んだところ
1991年11月ホプキンズは、彼がジャネット・キンブルと呼ぶ60代の元電話交換手から手紙を受け取った。
それによれば、事件当夜、彼女の車がブルックリン橋を渡っている途中で原因不明の故障を起こし、リンダのアパートが見える場所で止まってしまった。
その際、彼女は目を覆うほどまぶしく輝いていたUFOや宇宙人のグループ、UFOに吸い込まれるリンダを目撃したということだ。
彼女が描いた事件の図と、リチャードとダンが描いた図は一致する部分が多かったと言う。

国連はデクエヤル事務総長の関与を否定

リンダによれば、なんとUFOに乗ったデクエヤル事務総長の姿も見ているそうであるが、国連は、事件当時デクエヤル事務総長は公務についておらず、自宅で寝ていたと回答した。
建物の四分の三もの大きさの、まぶしく輝くUFOが夜のニューヨークに現れたのに、他に気付いた人間がいないのはおかしな話である。

現場周辺地図


より大きな地図で UFO事件マップ を表示

考察

逆行催眠中は嘘をつけないということが言われているが、催眠をかけている側の質問の仕方によって、本人がまったく経験していない記憶が作られてしまうことも危惧されている。つまり当てにならないということだ。
この事件を常識の目で見てみれば、明らかに荒唐無稽で異常なことばかりだ。まず大都会ニューヨークで巨大なUFOが目撃されていないことが問題だ。これだけでもリンダの体験は幻覚や妄想の類いだと言えよう。
後のリチャードとダン、ジャネットの話なども、リンダかホプキンズの自作自演ではないだろうか。
また、もしリンダがダンやリチャードに誘拐された件が本当なら、これは誘拐罪、強制わいせつ罪などに問えると思うが、告訴していないのだろうか?

参考資料

  • 並木書房・政府ファイルUFO全事件(ピーター・ブルックスミス(大倉順二訳))
  • Philip Coppers

0 件のコメント:

コメントを投稿