ノウルズ一家事件

1988年1月20日/オーストラリア/マンドラビラ
Mundrabilla, WA, Australia

概要

エッグスタンド型をして、中央が黄色く輝いていたUFO
深夜のオーストラリアを走る車をUFOが宙に吊り上げる!
日本の一般紙でも報道された不気味な事件。

詳細

恐怖の一夜

被害者のノウルズ一家
1988年1月20日午前4時0分、ノウルズ(Knowles)一家の4人(母親フェイエ(Faye)、息子パトリック(Patrick/24)、ショーン(Sean/21)、ウェイン(Wayne/18))と愛犬2匹を乗せた車は、オーストラリアのナラボー(Nullarbor)平原のエーア・ハイウェイのマドゥラ(Madura)とマンドラビラ(Mundrabilla)の間にいた。
ショーンが運転をし、助手席にパトリックが座っていた。

出現したUFO

前方に不思議な明るい光が見えたので、ショーンは「あれは宇宙船じゃないか?」とパトリックに尋ねたが、軽くあしらわれてしまった。
それにムッとしたショーンは、スピードを上げてそれに近づいてみた。
20mまで近づいて見たその物体は幅が1m、高さが3mほどで、中心部が黄色いエッグスタンドを逆さにしたような形をしており、目もくらむばかりの光を放っていた。物体は地面から少し浮かんでいるように見えた。

物体が前後に動き始めたので、ショーンはそれを避けるために道の反対側に車を移動させたところ、反対側から来たキャラバンを引くステーションワゴンと接触してしまった。(この車の運転手は後になっても名乗り出ることがなかった)
物体は車の右側を回り、ステーションワゴンを追っていったようであったので、車を出発させた。
しばらくするとUFOが戻ってきた感じがした。カチカチという甲高い音がし、屋根の上にUFOが乗ってその重みで車が沈んだような気がした。
そして、高さにしてどのくらいかはわからなかったが、車が空中に持ち上げられたような感覚を覚えた。時間にして20秒ほどであったろうか。

UFOに触れる!?

母のフェイエは窓から手を伸ばし物体を触ってみた。ゴムかスポンジのような感触だった。それはとても熱かったが、火傷はしなかった。しかし、戻した手には黒いススが付いていた。
車内にもススのような煙が入ってきて、死体のような悪臭が漂った。犬は恐ろしさに逆上して鳴きわめいた。
一家は方向感覚を失ったようになり、また、不思議なことに家族の声の高さが低くなった。一家は死んでしまうかのような恐怖を感じた。
パトリックとフェイエはこの時の感じを、それぞれ「脳が吸い出されていた」、「頭に何かが入って来た」と例えた。

破裂したタイヤ

破裂してしまったタイヤ
車は突然地上に落され、右後輪のタイヤが破裂してしまった。
ショーンは車を急停止させると、意識を失ってしまった。
恐怖にかられた家族は急いで車を離れると、付近の薮に逃げ込んだ。
一家はタイヤを取り替えるために15分ほどその場で作業することになった。
エーア・ハイウェイの様子
砂漠の中の一本道だ
UFOは30分あまりあたりをさまよい、去って行った。

一家は破損したタイヤを交換すると、最寄りの町マンドラビラに向かい、警察に駆け込んだ。
車体の屋根に4つのへこみがあり、車の内外に黒いスス状のものが付着していた。

一週間後、UFOに触れた夫人の手が赤く腫れ、ヒリヒリした痛みを覚えたが、放射能障害はみられなかった。

もう一人の目撃者

謎の物体は、同時刻、付近にいたトラック運転手のグラハム・ヘンリー(Graham Henley)によっても目撃されていた。
バックミラーに映ったその物体は、「強烈なスポットライトか、逆さにした目玉焼き」のようであったという。
彼はそれを5分あまり見ていたが、その下に車のヘッドライトなどは見えなかったという。

ヘンリーがマンドラビラに着いた直後、ノウルズ一家も到着し、おびえながら恐怖の体験を語っている姿を目にした。
彼は車のいたるところに焼けた臭いのするシリコンの砂のような物が付着しているのを見つけた。そして、車の屋根と破損したタイヤに4つの傷が付いていることを見つけた。
ヘンリーと彼の友人二人は事件の現場に行き、ノウルズ一家の報告どおりの足跡、横滑りしたタイヤの轍を見つけた

ノウルズ一家はCedunaに着き、警察の事情聴取を受けていた。一家は目に見えて震えていた。
そこでも4つのへこみとチリの存在をあらためて確認した。

人々の検証

テレビ局は一家の車の調査をしたが、重要なチリは見つからなかったと結論づけた。

UFO研究者はなんとかチリのサンプルを得て、当時NASAの科学者であったリチャード・ヘインズ博士(Dr. Richard Haines)に分析を依頼し、「車内のチリは、車外のチリとは別物である」と結論づけた。

異なる分析者による検証は、それが宇宙人によるものか否かの証拠を提供しなかった。
同時刻、同じ地域でも他のUFO報告があった。これは変わった何かが起こっていたことを意味している。
ただ一つ言えるのは、一家は不思議な光を目撃し、それによってとてもおびえていたということだ。
現場周辺地図

より大きな地図で UFO事件マップ を表示
現在の事件現場付近。詳細な位置はわからないので、だいたいの位置である。

考察

日本でも一般紙やニュースで大きく取り上げられた事件だ。
物的証拠、複数の目撃者がある、信憑性の高い事件の一つと言えよう。

本稿は日本語の適当な参考記事が見つからなかったので、海外のサイトの英文をネットの翻訳サービスを使って翻訳したものを基にしている。筆者(雅)の英語力ははなはだ怪しいので、当然誤訳もあると思って読んでいただければ幸いだ。

この事件を機に、早稲田の大槻教授が「UFO=プラズマ」説とともにメディアに取り上げられるようになったような記憶がある。(プラズマ説は大槻教授のオリジナルではないらしいが)

参考資料


0 件のコメント:

コメントを投稿