イルクレーの宇宙人

1987年12月1日/イギリス/ヨークシャー イルクレー・ムーア
Ilkley Moor, Yorkshire, U.K.

概要

露出不足だった写真をコンピュータで明暗補正したもの
元警察官が自分を拉致した緑色の宇宙人を撮影!?

詳細

緑色の宇宙人に遭遇

オリジナルのプリント
露出不足のために暗く写ってしまっている。
現場となったイルクレー一帯では、時々霧の向こうに奇妙な光体が目撃されていた。しかし、それは付近にあるヒル軍事基地とリーズブラッドフォード空港を行き来する飛行機の灯りかもしれなかった。

その日の朝早く、イルクレーに住む元警察官のフィリップ・スペンサー(Philip Spencer(仮名))は、義理の父の家に行くため、近道に丘を歩いて行くことにした。
彼は別な町で4年間警察官を勤めていたが、親の近くに住みたいという妻の願いからヨークシャーに引っ越してきていたのだ。
彼は道すがら例の奇妙な光体の写真が撮れればと思い、高感度フィルムをセットしたカメラと、日の出前の霧の中でも方角が分かるようにと方位磁石を持っていった。

丘を登り進み、そろそろ頂きにさしかかろうという辺りで写真のアングルを探していると、前方の霧の中に奇妙な生物がいることを発見した。
彼はとっさに写真を撮影した。
オリジナルプリントからの拡大
——筆者注:矢追さんの番組でスペンサー本人(と思われる人物)が再現VTRを交えて説明していた状況は少々違って、以下のようになる。
これは後述する逆行催眠の結果得られた記憶に基づいたものだ。
  1. 驚いて動けないスペンサーの1.5mの近さにまで生物が近づいてきた
  2. スペンサーはどこからか差し込んだ青い光に包まれ、体が宙に浮き始め、記憶が一時途切れる
  3. 次に気が付くと、スペンサーの左側から生物が走り去って行くのを見ていた
  4. スペンサーが「ヘイ!」と声をかけると振り返り、「あっちへ行け」とばかりに手を振った
  5. とっさに写真を撮影
  6. 生物が去って行った
以後はだいたい共通しているので、、生物が去って行くシーンから話を続けることにする——
頭がハート形に見える。吊り上がった目らしきものも見て取れる。
見ようによっては鼻のあたりが盛り上がっているようにも見えるか?
頭の形について、筆者はウルトラセブンのバド星人を連想した。
この宇宙人はラージノーズグレイ(リトルグレイの主人とされる)ではないかとも言われている。
するとその生物は彼に向かって「あっちへ行け」というように手を振り、向きを変えて丘の向こうに去って行った。
彼はこの生物に興味が起こり、夢中になって追いかけたところ、行く手にドーム型をした銀色のUFOが低く浮かんでいるのを目にして驚いた。ドームの上には四角い箱のようなものが浮いていて、ゆっくりとUFOの中に降りていった。
あの奇妙な生物の姿はどこにも見えなかった。
UFOからはブーンという音がしており、彼が触れるくらいまで近づくと、徐々にスピードと音のピッチを上げて空に飛び去ってしまった。
残念なことに写真は撮ることができなかった。
UFOかあの生物が戻ってくるかもしれないと思い、しばらく待ってみたのだが、もう戻っては来なかった。
目撃者のスペンサーが描いた宇宙人の絵(筆者トレース)
大きな目と耳、小さな口、長い腕、太くて数の少ない指。肌は緑色だったという。

失われた時間

彼はあきらめて写真を現像するために一番近い村に歩き出した。方位磁石を見ると、なぜか北のかわりに南を指していることに気付いた。
また、村に着くと彼の時計が1時間遅れていることに気付いた。
混乱した彼はすぐにフィルムを現像に出し、そこにあの生物が写っているのを確認した。

その後の逆行催眠で思い出したところによれば、あの生物(宇宙人)の詳細な姿は以下のようだという。
  • 身長1〜1.2m程度
  • 全身緑色の体
  • テニスボールくらいの大きな目
  • 鼻のような出っ張りはない
  • 口もただの線といった感じ
  • 地面に着くくらいの長い腕
  • 耳が異常に大きく頭の上まで突き出ていた
  • 手の指は太くて長い3本の指と1本の親指が向かい合っており、それぞれがソーセージのように太い
  • 緑色の肌はサンドペーパーのようにざらざらしていた
  • 足の指も手と同様に太くて長く、2本しかない指がV字型になっていた

現場周辺地図


より大きな地図で UFO事件マップ を表示
丘はイルクレー・ムーア(moor/荒れ地)と呼ばれる荒れ地だ。

専門家らによる検証

スペンサーはUFO研究家のピーター・ホフに連絡を取った。
ホフは最初「話がうますぎる」と思って疑っていた。しかし実際に会って彼の人となりを知り、彼がこの写真で有名になろうなどと考えていないことなどから、疑う理由がないと思うようになった。

写真は最初に野生動物写真の専門家に見せられたが、既知の動物ではないということであった。

次に写真はコダックの研究所に送られ、写真に加工がされていないという結論が出された。しかしこの生物がなんであるかはもちろんわからなかった。

写真はさらに画質向上と分析のため、アメリカの光学物理学者ブルース・マカビー博士の下に送られた。
その調査の結果、トリックであるということを証明できないが、これが宇宙人の写真であるということも証明できないとのことであった。

MIBの登場!?

事件から二週間後の夜、イギリス国防省を名乗る全身黒服の男二人が彼の家にやって来た。提示された身分証明書は、元警官の彼の目から見て本物としか思えなかった。
男二人は「ちょっと聞きたいことがある」と言って彼が出会った生物(宇宙人)のことやUFOの中のことなどを聞き、写真についてもどこにあるか聞いてきた。
彼が「写真は友人の家にある」と答えると、それ以上尋ねずに帰って行った。

逆行催眠による空白の時の記憶

その後、心理学者ジェームズ・シングルトン博士の逆行催眠検査によって、スペンサーの記憶が途切れていた間に、UFOの中で生体検査のようなことをされていたことがわかった。
以下に催眠中の証言の一部を紹介する。
丘の荒れ地を歩いて行くと、緑色の小さな生物に出会った。
体が動かなくなり、その生物が近づいてきた。
体が2フィートも浮き始めた。生物は風船を引く子供のように彼の眼下に立っていた。
銀色のUFOのドアが近づいてきて、目の前が暗くなった。
気が付くと明るい光に照らされていたが、眠っているように見ることも聞くことも動くこともできなかった。
「恐れなくていい」という言葉が聞こえ、不思議と恐ろしく感じなくなった。体も動かせるようになり、台の上に寝かされていたことに気付いた。
蛍光灯のようなものが動いてきて体を何度も照らされた。その光で目を傷つけられたくなかったので、目を閉じた。
次に気が付くといつの間にか立っており、あの緑の生物がこちらに来るようにと合図していた。恐ろしくて本当は行きたくなかったが、仕方なくついて行くと、通路の途中の丸い窓から宇宙に浮かぶ地球が見えた。
通路の終わりには歩いて入れる穴が空いていて、中は大きな丸い部屋だった。彼は少し高い位置にいた。
ボールのようなものがあり、持っていたカメラと方位磁石がそれに引き寄せられた。
再び通路に戻り、もう一つのドアを入り、あの生物とともに何もない二つの部屋を通り抜けた。
そこの壁に映る二つの映像を見せられた。一つは大災害で世界が破滅している映像だった。(もう一つの映像について語ることを彼は拒んだ。)
「もう行く時間だと」言われ、目の前が暗くなった。
気が付くと再び丘の上の木の近くを歩いていた。
緑の生物がいたので、それに向かって大声を挙げたところ、こちらを振り返った。そこで写真を撮った。
生物が向き直って逃げて行ったので追いかけた。角を曲がったところで姿が見えなくなった。
そこには大きな銀色のUFOがあった。

考察

ウィリアム・イングリッシュがプロジェクト・ブルーブック#13の中で見たという写真のイラスト
全体の特長がスペンサーが見た宇宙人に似ている。
MJ-12がらみではイングリッシュも評判は良くないが…?
矢追さんの番組や書籍でも取り上げられ、日本でも有名になった事件だ。
慌てて写して露出不足になってしまった点は納得もいくが、UFOを見たのに写さなかったのはまったく腑に落ちない。この点が最大の疑問だ。
MJ-12がらみでのウィリアム・イングリッシュが写真を見たという宇宙人にも似ているところが不思議な点だが、どちらかが真似ている可能性はないだろうか。
人形を使ってのトリックなども考えられないことではないが、スペンサーの評判などはピーター・ホフの証言以外に資料がないのでこれ以上判断はつけられない。
懐疑派による研究からはどのような見解が出されているんだろうか。興味深い。

逆行催眠下の証言は(仮に本人がそう信じていたとしても)必ずしも真実ではないので、話半分に聞いておいた方がいいだろう。

MIBの話は矢追さんの番組で本人(と思われる人物)が語っていたもので、いくつかあたったネット上の資料ではふれられていない。MIBの話を知っていて書かないはずはないのだが、本人証言なのであながち矢追さんのやらせとも思えない。
そもそも訪ねてきたのが本当にMIBなのかどうかはわからない。英国防省は実際にUFO調査部署があり、2009年に廃止されるまで活動していたことは確かである。服が黒かっただけで、単にそこの調査員だった可能性もあろう。
MIB(らしき人物)がやって来るまでの2週間以内にこの事件が公にされていたのかどうかは今のところわからない。

事件がウソだったとしてちょっと強引に推理してみると、
———飛行機のライトの誤認による怪光伝説があるため、騒ぎを起こしてやろうと思ったスペンサーが、人形を用いて宇宙人写真をでっち上げた。騒ぎを起こすのが目的なので本人は匿名をつらぬき、金儲けに走るつもりもなかったので権利は全て研究家のホフに渡した———
というようなストーリーが描けそうだ。
しかしこれが合っているかどうかは他に資料もないのでわからない。UFO好きとしては、願わくば遭遇が本当であって欲しいが。

なお、資料によってジャック・スペンサーと書かれたものもある(もしかしたら本名だろうか?)。また、別の事件のAlan Godfrey巡査と勘違いされることが多いという。

参考資料


0 件のコメント:

コメントを投稿