2016/8/30付 地球外文明か? 深宇宙からの強い信号検知

情報ソース:AFPBB NEWSWIREDEXOK(京都大学の系外惑星データベース)

ロシアの電波望遠鏡RATAN-600が、ヘラクレス座の領域にある約95光年離れたHD164595という恒星の方向から届いたとされる、11GHzの強い信号を検知したことが明らかとなった。
天体現象であれば持続時間はせいぜい10ミリ秒ほどが、今回検知されたのはそれより長かったという。
研究者らはこの信号について「地球外文明の仕業と主張する人はいないが、さらに調査する意義がある」として、常時監視を呼びかけているという。
この恒星系には最低でも一つの惑星(HD164595b)が確認されている。

——文明からのものにせよ、天体現象によるものにせよ、興味がそそられる。

0 件のコメント:

コメントを投稿