ジェミニ4号宇宙船が撮影したUFO写真?

1965年6月3日に打ち上げられた、アメリカのジェミニ4号から撮影されたUFO写真とされるものの検証。撮影は翌日4日だという。
四次元の世界をさぐる(福島正実・著)より
これは筆者が子供の頃買ってもらった本で紹介されていた写真だ。
ジェミニ4号にはエドワード・ホワイト少佐、ジェームズ・マクディビッド少佐が乗っていた。ハワイ上空でオタマジャクシのような物体を発見し、マクディビッド少佐が地上に報告しながら船内備え付けの映画用カメラで撮影したとされる。

空軍当局の説明だと以前打ち上げられたペガサス衛星ということだったが、詳しく調べるとその時刻には1900kmも離れていたことがわかった。しかし北アメリカ大陸防空レーダー組織の北東司令部が計算をやり直したところ、1.6km程にあったと訂正した。つまりUFOではなかったというのだ。
NASAは「写真を分析した結果、衛星とは思えないことがわかった」と言明したという。

やりとりは実際にあったのか?

時々見かける写真なのだが、同じ動きの3機のUFOなのか、ムービーの別々の3コマをそこだけ拡大したものなのか、先端の丸い部分だけがUFOで左上に伸びているのが光跡かなにかなのかなど、一切わからなかった。今のところ筆者はジェミニ4号の写真集のサイト中にそれらしいものを見つけられていない。サイトには静止画しかなく、ムービーになっているものも静止画の集まりだ。

これを写したムービー、地上との交信やペガサス衛星をめぐるやりとり、NASAの発表が実際にあったのかについては少々疑問である。

ジェミニ6号のUFO写真と呼ばれていたもの
左上の光体は、写真を暗く焼き付けたことで機体の光った部分がそのように見えていただけだ。
一番の理由はこの形がジェミニ6A号のものにそっくりだからだ。もしかしたら「あった」とされるいろいろなことも、後から尾ひれとして付けられたもので、これも単に機体が光っているんじゃないだろうか?
もしくは6A号や他の宇宙船のそれが、間違って4号として紹介されていたのかもしれない。ただし、マクディビットは6A号の飛行士ではない。


4号でもそれっぽく見える画像は見つかった。上に白く光る光跡のようなものが見えているが…
NASA March to the Moonより
明るさを調整してみるとこれもジェミニ4号の機体の一部が光っているだけだ。
ジェミニ7号ジェミニ6A号と同じ部分じゃないだろうか。

参考資料

  • NASAジョンソン宇宙センター March to the Moon
  • 四次元の世界をさぐる/福島正実/少年少女講談社文庫
  • 未確認飛行物体UFOの謎/並木伸一郎/学研
  • 超怪奇UFO現象FILE/並木伸一郎/学研
  • UFO全百科/南山宏監修/小学館コロタン文庫

0 件のコメント:

コメントを投稿