2018年3月27日火曜日

2018/3/27付 明日以降、落下予定の天宮1号、日本上空通過

情報ソース:国立天文台副台長 渡部潤一氏ツイッター、ForbesAEROSPACEハザードラボ

制御を失って数日のうちに地球に落下予定の中国の宇宙実験室・天宮1号(てんぐう、Tiangon 1)が、28日、29日の早朝に日本上空を通過し、観測できる見込みだ。

ESA(ヨーロッパ宇宙機関)とアメリカのエアロスペースコーポレーション(ペンタゴンのUFO調査をしてたビゲロー・エアロスペースとは別会社)は、正確な予測は難しいものの、3月30日〜4月3日頃に地球に落下すると発表している。
栃木県宇都宮市から見た、3月28日朝5時26分47秒の位置
ステラナビゲータ10でシミュレート
同じく3月29日朝5時1分53秒の位置
天宮1号は2011年9月に打ち上げられ、2016年3月に制御不能に陥っていた。
重さは8.5トン、全長10.4mあるが、落下時には機体のほとんどが燃え尽きてしまうと見られる。一部が地表(海上含む)に到達するかもしれないが、人間や建物への被害はほとんどないと思われる。
破片の落下する範囲は北緯42度7分〜南緯42度7分の間だという。

——筆者の住む宇都宮からは最大高度は30度弱のようだ。土星と火星の下を通過するので見つけやすい。
遅いシャッターで軌跡を写すもよし、望遠鏡で姿をとらえるもよしだ。
できれば大気圏突入して派手に燃え尽きるシーンが写せると楽しいが、そうもいかないか。
燃え尽きる時に人の住む夜空を通過したら、UFOと誤認する人も出る?

なお、天宮の読みは日本語のWikipediaなどでも「てんぐう」と「てんきゅう」で表記が揺れている。NHKのニュースでは「てんきゅう」だった。中国語なので訳し方次第ということもあり、UFO事件簿では英字スペルのTiangonから「てんぐう」としている。

追記:28日朝は空が明るすぎて、肉眼ではまったく確認できなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿